キャッシングを利用する時はお金に困っている時です。生きていればお金に困る事もあるのでキャッシングの利用をしないとしょうがない時もあるでしょう。ですが世間一般的には消費者金融などでの借り入れの経験はあまり良くは捉えられません。では就職にはどのように影響するのでしょうか。

・就職には影響しない キャッシングについて利用の有無が就職活動に不利になる事は普通はありません。理由は信用情報機関が管理しているキャッシングの履歴は入社の可否に判断材料して使う事は禁じているからです。

・利用履歴は普通は知る事ができない プライベートな情報になるキャッシングの利用履歴について知る事は普通はできません。例えば事故や事件などが起きてその時に警察からの依頼があれば情報開示される事はありますが、そのような特殊な例以外には基本的には利用履歴はバレません。

・利用歴がバレる時  基本的には就職を希望する会社にキャッシングの利用履歴がバレる事は無いです。しかし、自分でしゃべってしまう人もいます。面接官の誘導に引っかかり話してしまうのです。

 うかつにしゃべってしまう事が無いようにしましょう。また官報などで知られる可能性は普通ないです。キャッシングの利用歴により就職に不利になる事は基本的には無い事になっていますが、利用履歴がバレたら密かに減点対象にしている事も考えられるので、バレない様にしゃべる事は無いようにしましょう。